賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する
賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する

賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する

私の会社の同期は10人いました。うち女性は8人です。5年もしないうちに女性8人はみな嫁にいきました。残ったのは私とI君です。どちらが早く結婚するかなどという競争はしていませんでした。当然、私の方が早いと思っていたからです。しかし、思わぬ事態になりました。何と、I君が結婚相手を紹介したのでした。彼女は私のタイプでした。目がくりっとしてえくぼが可愛い女性でした。何でも親戚から紹介されたことを言っていました。話しがトントン拍子に進み結婚式も無事終わりました。

I君は早くに父親を亡くしました。母親とお兄さんとの3人家族でした。そのお兄さんも会社に入社して3年目に病気で亡くなりました。I君の家は地元では資産家と呼ばれていました。賃貸アパートや賃貸駐車場を持っていました。ですので、お兄さんの葬儀は、盛大にとり行われたそうです。今ではお兄さんに代わって、アパートの家賃の集金をしていると言っていました。集金は大変だと言っていました。今度は奥さんに集金をしてもらうようなことを言っていました。支払いが滞っている住人には、女性の泣き落とし作戦で対抗することを計画しているそうです。私はI君の奥さんはチャーミングなので、彼女が微笑めばきっと支払ってくれると思っています。そのくらい笑顔が素敵な人です。