賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する
賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する

上京する学生が賃貸を決める時期としては12月

高校の場合はほぼ確実に進学が決まっているでしょう。それも地元のことが多いです。しかし大学は何があるかわかりません。地元の大学に行くこともあれば、東京や地方に行くこともあります。あまり考えたくないですが、志望校に受からないこともあるのです。そうなると予備校に行くことも考えることになります。東北地方に住んでいて、大学は東京地方のどこかに行くと確実に決めているのであれば、まだ合格が決まっていなくても話を進められます。

上京して学生が賃貸物件を探すとき、通常は進学先が決まってからになります。多くの大学は2月から3月上旬に合格発表がありますからそれ以降に決めるのでしょう。ラッシュのような状態です。それを避ければ良い物件を賃料も高すぎない状態で借りれるかもしれません。その時期としては、少し早くなりますが12月の上旬です。実際はこの頃からすでに動き始めるからです。推薦入試合格者などは早めに動いてきます。それに合わせる必要があります。

学生マンションであれば、退去者を予定して事前に予約できることがあります。この場合、入居まで賃料は必要ありません。一方で、12月に決めて、1月2月は住まないけども賃料は支払う場合があります。無駄ではありません。