賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する
賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する

賃貸物件を4月に先延ばしにして探す

何かの買い替え需要が起こることがあります。地デジ放送の切り替わりの時は液晶テレビが非常に売れたそうです。パソコンのOSのサポート切れの時にも買い替えが起こるようです。その時には非常に売れるのですが、その後は多くの人が購入したあとなのですっかり客足が引きます。店の方としても売上を上げる必要があるので、値下げをすることがあります。需要の多い時に無理をせず、少し待っていいものを安く買う方法の一つになるでしょう。

賃貸物件においては、3月は繁忙期と言われ、賃料の交渉をしていたらその間に他の人に決められてしまいます。そのままの家賃になりますから、負担も大きくなります。可能であれば、少し時期をずらすのが良いのでしょう。4月に先延ばしするとどうでしょうか。この頃は不動産会社の方も一息ついたところでお客さんの数も落ち着いています。ですから対応としては受けやすいです。でも想像していた状態とは少し異なるかもしれないので注意します。

それは物件がかなり少ないからです。また、良いと思える物件がありません。賃料の交渉も応じてくれるでしょうが、この頃はまだそれほど値引きが期待できないこともあります。4月だからいいものを安くは難しいのです。