賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する
賃貸アパートの家賃は微笑んで集金する

賃貸物件の値引きはどれくらいまで行えるか

食品といいますと、生鮮品や調理ものになるとあまり日持ちがしません。その日のうちに半額なったりすることがあります。季節的な商品の場合も価格変動がしやすいことがあります。20パーセントから30パーセントぐらい値引きされることがあります。それらの商品に関しては、売れ残ればそれぐらいで販売しても良いようになっているのでしょう。買う側としてもそれを期待してこれぐらいに値引きしてほしいと伝えることもあるでしょう。

賃貸物件においても売れ残りの物件が出ることがあります。それが夏場と言われます。3月がピークで、その後4月ぐらいからぐんと減るのですがそれでも少しは決まったりします。でも夏場に決まらないとさすがに大家さんも焦り始めます。このまま来年まで借り手が見つからないことを考えたら、少し賃料を下げてでも利用してもらったほうが良いと考えます。不動産業者に対しても、少し値引いた状態で募集してもらうこともあるようです。

借りる側としてはさらに値引き交渉をしたいです。この時にできる程度としては、2パーセントから3パーセントぐらいと言われます。5万円なら千円値引きで4万9千円です。5千円も値引きしてもらおうと考えてはいけません。